アレルギーの危険性

私はもともと自分がアレルギーもちの為に薬を飲んだり、小さい頃から苦しい思いをして、かなり苦労しているので、気を使って自分のジェルネイルもしています。

ネイルが大好きな人が末永くネイルアートを楽しめるようにアレルギーについてちゃんと認識した上でネイルアートをしてほしくて記載しました。

他人事ではありません、誰でもアレルギーってなるものです。アレルギーについての専門家は医師です。不安な方やそれらしい症状が出た方はきちんと医師の指示をきちんと仰いで下さい。

ネイルの問題は病院の何科か?

まず一番重要なこと、万が一ネイルアートをしていてトラブルが発生したときは…ネイルアートで問題発生した場合は基本的にはまず皮膚科に行くのが良いです。ネイルアートは取って行きましょう。ただし流血してしまったりして取れない場合、無理に取らずまず医師に相談しましょう。
アレルギーの問題の場合はアレルギー専門外来があります、相談してみましょう。

ネイルとアレルギー

ネイルアートに使用する用品にはさまざまな化学薬品が含まれており、よく『アレルギーの方にも!』なんて謳われているジェルネイルもお見かけします。その記載方法はアレルギーになったこと無い方やよくわかっていらっしゃらない方に誤解を与えかねないためやめて欲しいなって思います。

ネイルアートアレルギーが発生しやすいのはジェルネイルジェルアセトンエタノールなどになります。

特にジェルネイルは化学薬品を使用していますので、アレルギーが出ないジェルネイルなんてものは存在しません。化学薬品じゃなくて食べ物でも蓄積するとアレルギーは出るのですから、化学薬品はもともと体に良いものではないので、当然食べ物と比較できないほどアレルギーを発症する人は多いと思います。

アレルギーは最初は大丈夫でも繰り返しているうちにアレルギーになります。花粉症がその良い例で、『今年とうとう発症しました』って言葉よく聞きませんか?ジェルネイルも10回目は大丈夫でも11回目で…ということが多いです。googleなどでジェルネイルアレルギーに苦しんでいらっしゃる方のブログをお見かけします。すごく詳しく記載してあり、苦しんでいる姿を見ているのが痛々しいです。

ネイル業界とアレルギー

以前お見かけした残念なネイリストさんでネイルEXPO?の大きなモニターで手で3D用のジェルをコネコネしてそれをオススメしていらっしゃいました。

アレルギーは蓄積だから絶対にやってはいけないことです。今発症していなくても皮膚が強いと思っていてもいつか突然発症する可能性が誰にでもあるのです。

ネイルサロンネイリストアレルギーへの認識
ネイルとは少し話がそれてしまいますが、まつ毛エクステンションでのトラブルが2008年頃すごく問題になり、美容師免許所持者に限ると国が通達を出したというのが私の記憶しているところです(詳細間違っていたらすみません)。もともと目の付近を触るのに髪の毛を切る美容師の国家資格が必要で、目の周り(失明の危険性あり)に資格は必要ないのはおかしな話ですので良く考えると当たり前です。NEA日本まつげエクステ協会というものがあるようで、資格もきちんとあるようですがそれは認められませんでした。

ネイルアートは手ですし、目よりも強いですし、ある程度傷ついても日常生活に問題ない(問題ないと言っていいかわかりませんが)ことが多くあまり被害として報告されないことが多いと思います。私も過去に出血したりしたこともあります(詳しくはネイルサロンとネイリストの選び方で確認して下さい。)が消費者センター等に報告したことはありません。

失敗は誰にでもあります、国家資格所有者であろうと失敗します。

ただ私の見ている限り、現在ネイル業界はアレルギーの防げるところが徹底して防げていないのが現状です。ただいろいろと擁護するわけではありませんがネイリストは誰でも資格なしでなれるものですので、国家資格がない分、誰にも強制力がありません。

なので一番言いたいところはネイルサロンネイルアートを受けるときも、自分でネイルアートをする場合もアレルギーを発症しないためには自分で身を守るしかありません。

ずっとネイルを楽しむために、少しでもリスクは無くしてネイルアートを楽しみましょう♪

パッチテストの賛否両論

パッチテストを皮膚に乗せてしたら…という話を別なアレルギーのときに皮膚科医の医師に聞いてみたことがあります。
アレルギーは蓄積なので何度もそういうことをするとそれでアレルギーになってしまうことがあるという恐ろしい話を聞きました。ジェルネイルの場合大半のメーカー?の主成分は変わらないはずですので、全部のジェルを試している間にアレルギーになってしまうこともあるのかもしれません。

アレルギーの見分け方

ネイルアートをしていて
・熱い(硬化熱の問題があるので…)
・かゆい
・痛い
・違和感がある
など異常を感じたらネイルアート中でも中止を申し出るべきです。また翌日や数日後でも異常が出ることがありますので、異常が出たらネイルアートを取り、病院を受診して下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-16 (木) 10:46:28 (337d)