ジェルネイルの基礎知識

次はジェルネイルの応用知識

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは、「ジェル」と呼ばれるハチミツのようなとろみのある液体を爪に塗り、専用のライトで紫外線を当てることで硬化させるネイルアートの種類のことです。

※詳細は用語:ジェルネイルを参照して下さい。

ジェルネイルの日本での歴史

ジェルネイルは2000年代初期に登場し最初に日本で流行したのがカルジェルであったと記憶しています。
それ以前はポリッシュアクリルスカルプチュアが主流でした。またネイルサロンも今のように数が多くなかったと記憶しています。

その後バイオジェル?が登場するまでは長さだしはアクリルスカルプチュアで自爪の補強はカルジェルというような感じだったと思います。

バイオジェル?が登場しソークオフジェルで長さが出せると話題になり徐々に浸透していきましたが、バイオジェル?は値段が高かったことからしばらくはバイオジェル?カルジェルアクリルスカルプチュアの3つが主流だったと思います。

当初私もそうでしたが、ジェルネイルカルジェルというような感じで認識しており、カルジェルメーカー?ジェルのブランドであるということは理解していませんでした。その後もしばらくは長さが出せるジェルバイオジェル?ポリッシュの落ちないやつ=カルジェルという認識をしていたような気がします。
周囲の人たち(全員素人です)と話していてそのような感じでした。

また日本ではあまりソークオフ出来ないハードジェルは人気が出なかったようです。外国では人気があったそうです。

フローターとスカルプチュアの2種類

ジェルネイルは大きく分けて2種類でフロータージェルフローターと呼ばれる自爪の上にポリッシュのように塗って固めるだけのものとジェルスカジェルスカルプチュアなどと呼ばれる自爪のさきに長さを出すものがあります。

ジェルスカルプチュアをするためには長さを出せることが可能な記載

ジェルフローターのジェルネイルは3層構造

ジェルフロータージェルネイルは下準備(プレパレーション)を実施した後に、3層にジェルを塗っていくネイルアートになります。
※層はジェルを塗る回数ではないので注意
近年はワンステップジェルの登場で1層で可能なものも登場しています。

1層目(ベース層):透明なジェル(クリアジェルベースジェル)
2層目(アート層):カラージェルグリッターネイルシールetc
3層目(トップ層):透明なジェル(クリアジェルトップジェルトップコートジェル?)
と透明なジェルと透明なジェルの間に色、絵柄などを挟むようにして塗ります。

1層目【ベース層】について

プレパレーションをしたらまず透明なベースジェルクリアジェルでベースとして使用可能なものを爪に塗ります。
回数は1回で問題ないのですが、始めたかりの方は2回塗ることをお勧めします。
私が最初に陥ったはがれやすい原因はベースジェルを薄く塗りすぎてることでした。
始めたころはポリッシュの間隔で塗ってしまうのですがベースジェルは適量を表面が平らになるように塗る必要があります。
またベースジェル自爪ジェルとの密着性を決めるので自爪に塗り残しがあったり、2、3層目塗るジェルベースジェルをはみ出たりするとリフトの原因になります。

クリアジェルを選ぶ方法は『クリアジェルの選び方』を参照して下さい。
ベースジェルを選ぶ方法は『ベースジェルの選び方』を参照して下さい。
準備/道具の選び方/クリアジェル

2層目【アート層】

アート層は自由にカラージェルを塗ったりグリッターラメを置いたり、ネイルシールを貼ったりアクリル絵の具で絵を描いたりします。

カラージェルは基本的に2回塗るのが基本です。

3層目【トップ層】

トップジェルクリアジェルでトップとして使用可能なものを爪に塗ります。
2層目のアート層で凸凹した部分を平らにしてジェルネイル特有のつるっとした艶々感を出すのがトップジェルです。
また自爪の長さが長めの場合にはハイポイント?を1層目のベース層か3層目のトップ層で作る必要があります。

ジェルスカルプチュアのジェルネイルは4層構造

ジェルスカルプチュアジェルネイルは下準備(プレパレーション)を実施した後に、4層にジェルを塗っていくネイルアートになります。
1~2層目は2つのやり方がありジェルスカルプチュアはどちらかというとAで記載しているジェルを使用した長さだしの方法を言っていることが多いですがセルフネイルではセルフネイルのあれこれに記載しているように向きが変えられなかったり、両手が使えないのでAやり方はかなりマスターするのに時間がかかると思います。
またネイルフォーム?がひっかけられる長さがあるかどうかなど自爪の状態を見極めたりする必要があります。

それに比較してBチップオーバーレイネイルチップ自爪ネイルグルーで装着するだけなので比較的簡単です。
ただし強度がAのジェルでのジェルスカルプチュアの方が高いです。

A:ジェルによるジェルスカルプチュア
A-1層目(ベース層):透明なジェル(クリアジェルベースジェル)
A-2層目([長さだし>用語/長さだし]]層):クリアジェルビルダージェル?ハードジェルセミハードジェル
B:チップオーバーレイによるジェルスカルプチュア
B-1層目(長さだし層):ハーフチップネイルグルー
B-2層目(ベース層):透明なジェル(クリアジェルベースジェル)
3層目(アート層):カラージェルグリッターネイルシールetc
4層目(トップ層):透明なジェル(クリアジェルトップコートジェル?)
と透明なジェルと透明なジェルの間に色、絵柄などを挟むようにして塗ります。

A-1層目【ベース層】

ネイルフォーム?をまず指の形に合わせてシザーで切り取り、装着させます。
そこからベースジェルを塗りますがここからの工程はベースジェルに何を使用しているかによって異なります。
ベースジェル長さだしが出来ないが剥がれにくいから使用している場合にはネイルフォーム?にはかからないように塗ります。ベースジェル長さだしが出来るクリアジェルを使用しているなら、1層目と2層目が同時になりますので長さを出したいところまでベースジェルを塗ってしまいます。

A-2層目【長さだし層】

ベースジェルを塗って長さだし専用のハードジェルセミハードジェルを使うならここではじめてネイルフォーム?長さだしをしたいところまでジェルを塗ります。

ハイポイント?ピンチ?を入れる時間などを意識しながら長さだし層は塗る必要があります。
またここまで完了したらネイルフォーム?を剥がします。

B-1層目【長さだし層】

プレパレーション後にハーフチップネイルグルーを付けて自爪につけて長さを出していきます。

ネイルグルーが乾いたらチップカッター?ニッパーで長さを調整し、ファイルで整えて次のベース層の工程にすすみます。
長さだしの時間はセルフジェルネイルの場合、恐らくAのジェルでのジェルスカルプチュアの半分ぐらいの時間で済む気がします。

B-2層目【ベース層】

ベースジェルやベースに使用可能なクリアジェルを塗ります。
このときネイルチップ自爪の段差が無くなるように塗ります。

ハイポイント?を意識します、またネイルチップベースジェルの種類が柔らかめの物だと折れてしまうことがあるためベースジェルの上にハードジェルなどを重ねるとより強度を出しやすくなります。

3層目【アート層】

ジェルフローターの2層目【アート層】と同じです。
アート層は自由にカラージェルを塗ったりグリッターラメを置いたり、ネイルシールを貼ったりアクリル絵の具で絵を描いたりします。

カラージェルは基本的に2回塗るのが基本です。

4層目【トップ層】

ジェルフローターの3層目【トップ層】と同じです。
トップジェルクリアジェルでトップとして使用可能なものを爪に塗ります。
2層目のアート層で凸凹した部分を平らにしてジェルネイル特有のつるっとした艶々感を出すのがトップジェルです。
また自爪の長さが長めの場合にはハイポイント?を1層目のベース層か3層目のトップ層で作る必要があります。

ジェルの種類と呼び名

ジェルの種類は同一のメーカー?であってもブランドが複数あり、一緒に使えないものがあるので注意が必要です。初めて買う場合やメーカー?を変える場合や複数のブランドを使いたい場合には注意して選んでいく必要があります。

透明なジェルの名称として使われる呼び名一覧

透明なジェルは使用箇所、使用方法、オフの方法などいろいろな呼び名で呼ばれており、私はセルフジェル?をはじめたころ、選ぶのにすごく混乱しましたが、現在はさらに呼び名が増えていたり、メーカー?ごとに呼び名が違ったり、全部理解するにはかなりハードルが高いと思います。
ここではメーカー?の名前ではなく一般的に言われるジェルの種類と呼び名について説明します。
ジェル種別表
・透明なジェルの総称
クリアジェル
・1層目(ベース層)に使用するジェル
ベースジェル
ノンサンディングベースジェル(ノンサンディングジェル)?
・3層目(トップ層)に使用するジェル
トップコートジェル(トップジェル)
ノンワイプトップコートジェル(ノンワイプジェル、ノンワイプトップ、ノンワイプ)
オフの方法と爪の長さが出せるかの違いで呼ぶ
ソークオフジェル(ソフトジェル)
セミハードジェル
ハードジェル
(一部メーカー?ではビルダージェル?)
・硬化に使用するライトの種類で呼ぶ
UVジェル?
LEDジェル?
UVLED対応ジェル(UV/LEDジェル)?

一般的によく呼ばれるのは上記の呼び方で、ジェルは省略されて呼ばれることもあります。
複合して、トップのUVジェル、LEDのノンワイプトップと呼ぶことできます。

カラージェルの名称として使われる呼び名一覧

カラージェル
UVジェル?
LEDジェル?
UVLED対応ジェル(UV/LEDジェル)?

ジェルネイル用のジェルではない注意したいもの

間違えて購入してしまわないように気を付けたいのが
UVトップコート?
ジェルトップコート?
です。この2つはポリッシュです。

メーカー?の名前

カルジェル
バイオジェル?
上記の2つはジェルメーカー/ブランドの名前です。

ジェルネイルのメリットとデメリットと何とも言えない点

メリット

★艶が綺麗
★剥がれにくく長持ち
ソークオフジェルアセトンで落とせる
ポリッシュアクリルスカルプチュアよりにおいが少ない
カラージェルを混ぜ合わせて調整出来る
で描いた線などがはみ出してしまってもの正が簡単なのでフレンチポリッシュより格段にやりやすい
★乾燥させる時間が無い
★自爪が折れにくくなる

デメリット

自爪が傷む
自爪が薄くなる
アレルギーが出ることがある
★コツや慣れが必要
オフに時間がかかる

何とも言えない点

自爪が傷む
自爪が薄くなる
★施術時間の長い短い
★水に強い弱い
★コストの高い安い

ジェルネイルの仕組み

爪とジェルが密着する仕組み

ベースジェルジェルネイルの出来栄えの半分以上を決めると言っても過言ではありません。
リフトしない、持ちが良い、アートが綺麗にのるかなどはベースジェルで決まります。
カラージェルにお金をかけたくなりますが、ベースジェルにお金をかけるのがジェルネイルでは鉄則になります。

ベースジェルが爪と密着する仕組みは
①酸で爪表面を溶かす
図図図
[[サンディング>用語/サンディング]で爪表面に傷をつけて、ジェルを密着させている
図図図
③空気を抜き真空状態にする

ほとんどの場合のベースジェルは①か②らしいです。

密着性を高める方法として[[サンディング>用語/サンディング]]をしたり、プライマー?を使用したりします。

※取れにくいジェルネイルの塗り方は『ジェルネイルの取れにくい塗り方?』をご参照ください。

ジェルとジェルが密着する仕組み

ジェルを塗布し、専用ライトジェルの表面には未硬化ジェルが残ります。未硬化ジェルの上にジェルを乗せるとジェルの層同士がくっつきます。未硬化ジェルジェルジェル同士の接着剤の役割をします。

自爪ジェルに比べてジェルジェルは密着しやすいです。

ジェルネイルのメーカと特徴

ジェルネイルQ&A

ジェルネイルQ&Aに記載してます。

ちゃんと知識をつければ大丈夫!

良いことも悪いことも記載しましたが、正しい知識をつければどなたでもジェルネイルを楽しむことが出来ます。
私はネイルをする人が少しでも増えてくれたら良いと思いこのサイトを作りましたのでジェルネイルが怖いものという印象をつけたいわけではありません。正しい知識を身につけて、ネイルサロンセルフネイルジェルネイルを楽しみましょう。

関連・類似項目

用語

ジェル
ジェルネイル

外部リンク

次へ~ジェルネイルの応用知識~


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-16 (木) 10:48:47 (279d)